カランメソッドStage11 Lesson177-Stage11 FSR

カランメソッドStage11

今日のカランメソッドは25分×3コマでNew workはStage11(1065 scan – 1067 Phrase exercise5)でした!Phrase exercise 5に出てきた表現はこちらにまとめています。

そして、ステージ11のフルステージリビジョンに入りました。Stage11FSR (Lesson164 941 bump – Lesson166 968 oxygen) までを行いました。

回答例

Teacher省略

Student Mari
Student Mari

If I bought something in a shop but subsequently realized I’d been misled by the sales person about the product, I’d complain.

Official audio
Official audio

If I bought something in a shop but subsequently realized I’d been misled by the sales person about the product, I’d return to the shop and demand a refund.

1コマ目にFSRに入るとは予想しておらず、かなりビックリoddsまで少ししましたが、自由回答をしっかり答えられて些細なことながら嬉しかった!2コマ目以降は少し復習しようと思って目を通すも、予想以上に進んでしまい、復習しなかった部分に関してはドキドキしながらの受講でした。

復習していて気付いたのですが、Lesson165の950に”well”を”may” “might” “could”等の助動詞の直後に置くと、”perhasps”から”probably”に変わるという一文を見付けました。確か簡単に調べて確信度合いが高まるという意味だったなぁと思い出し、具体的には何%程度の確信度なのかということを調べたらサイトによって違いましたが、わかりやすいと思ったのが、probablyは根拠があったり知りうる事実に基づいているときに使用するようです。probablyが8~9割、perhaspsは4~5割って感じかな?ということはwellがつくかつかないかで結構確率が違ってくるなと思いました。

因みに昨日言っていた『Nativebuster Pro』Vol.1初回分¥17,600(税込)/4ヵ月を先程申し込みしました!この後1営業日以内にパスワードが送られてくるらしく楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました