TOEIC 2ヶ月間行った試験対策(中学英語やり直しからTOEIC665点まで)

TOEIC

中学英語をゆるゆるとしていてふと今年はもう残すところ数ヶ月だと思った途端スイッチが入り、2019年9月2日、旦那と娘を送り出した後、TOEIC申し込みサイトに会員登録してその勢いで2019年10月27日受験の申し込みも完了し、スマホのゲームを削除しました。

TOEIC対策として実施した本

公式TOEIC Listening & Reading問題集(5) 音声CD2枚付 [ Educational Testing ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入
公式TOEIC Listening & Reading問題集(3) [ Educational Testing ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入
TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]
価格:979円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入
TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問 [ TEX加藤 ]
価格:2530円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入
新TOEIC test文法特急 1駅1題 [ 花田徹也 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入
TOEIC(R)L&Rテスト 直前の技術
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)楽天で購入

他には、今なはきアプリ『えいぽんたん』と今でも大好きな『英語物語』『英語番長』と、『abceed』を活用していました。公式問題集の3とでる1000門は数年前会社の昇格者研修の試験でTOEICがあるからと既購入していたけど未使用のものを再活用し、直前の技術は『abceed』で読みました。後は、会社の後輩が純ジャパニーズなのに5カ国語話せたのでお勧め聞いたらDUO3.0だったので購入しましたがTOEICに関係ない単語が多いので買ったけど使わず王道の金フレで単語は覚えました。というか金フレすら1週しかしなかったので単語は『英語番長』で覚えたのかもしれません。

通常は公式問題集も何回も解くべきですが時間がなくて全部1週しかできなかった感じでした。

まず、模試一回分解いて→直前の技術→でる1000→文法特急→残模試3回分

これで私は655点は取れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました